※ このサイトをインターネットエクスプローラーで正しく表示するには、互換表示設定をしてください。
              (メニューから ツール・・互換表示設定・・このサイトをWEBサイトを互換表示をクリックすると追加できます。)

 
Since2017.1.15159886

令和2年度磐周教頭会活動方針・活動内容

 

1 活動方針

1) 教育基本法の理念の下に、学習指導要領に沿って、教育の質的向上をめざす。そして、子供・保護者・地域とともに、活力と潤いに満ちた開かれた学校を創造する。また、第13期全国統一研究主題「豊かな人間性と創造性を育み未来を拓く学校教育」を基調に、常に研鑽と修養に励み、視野を広め、教頭としての資質の向上に努める。

2) 会員相互の信頼関係に基づいた連帯意識の高揚と組織の整備、充実を図り、教育管理職としての教頭職の確立を目指す。

3教育関係諸機関・教育諸団体との連携を深め、磐周教育の一層の向上と、学校運営改善の推進に努める。

4) 磐周教頭会組織の機能を充実・発展させ、情報の共有化や活動内容の効率化を図ることをとおして教頭の多忙化の解消をめざす。

 

2 活動内容

(1) 研究主題の具現化と研究諸課題の解決のため、研修及び実践を組織的、継続的に推進するとともに全国・東海北陸・県等における研修会に積極的に参加し、幅広い見識を得る。

(2) 教育委員会・校長会の理解と指導助言を得て、総会、研究大会、新任教頭研修会(学校運営研修会地区(磐田、袋井・森)教頭研修会等を開催し、会員の資質向上を図る。また、当面する教育課題の改善・充実に努め、あわせて、教職員の資質向上を目指す。

(3)専門委員会において、県教頭会との連携を図りつつ、本会の活動方針と内容を踏まえた研究調査活動を行う。

 人事・給与に関する諸調査を実施し、調査結果を生かして教育条件や教頭の職責に関する待遇改善の要請活動を積極的に進める。                                                                                                                【人事給与委員会】

 教頭の職務内容に関する法令研究・事例研究を進める。また、研究成果を冊子「教頭職務ハンドブック」にまとめる。                                                                                              【法制研究委員会】

 研究主体を地区研修におき、その成果を磐周教頭会研究大会において発表し、研究協議をすることによって会員相互の研修を深める。                                                                                                                           【研究推進委員会】

 会報活動を通して、会員相互の啓発と連携を図るとともに、関係諸団体の理解と協力を求める。

                                                                            【会報委員会】

 特別委員会として情報委員会を継続し、「教頭会用Web蔵」を活用して会員相互の情報の共有化と教頭の業務の効率化を図る。また、磐周教育研究所のホームページにある「教頭会」のページを充実させ、情報を発信する。                               【情報委員会】

(4)当面する教育課題解決のために、校長会・教育関係諸機関・教育団体等との連携を、積極的に推進する。

(5)活力ある学校運営を目指し、円滑な教育活動推進のための教育諸条件の整備に積極的に取り組む。

(6)磐周教頭会としての課題を明らかにし、関係諸機関・団体との協議・検討の場に積極的に意見を反映させていく。

 

 

専門委員会活動計画

 

1 人事・給与委員会

 (1) 活動方針

  ア 人事給与に関する諸調査の実施と要請活動を積極的に行う。

  イ 人事給与に関する研修の機会をもち、教頭としての資質の向上に努める。

 (2) 活動内容

  ア 調査活動

    () 教頭に関する調査と集約

   () 勤務実態についての調査と集約

  イ 要請活動  

    () 各市町村教育委員会に対しての要請行動

   () 成果と課題の集約

  ウ 人事給与に関する研修

 (3) 活動日程

  ア 活動計画等の立案             4月17日(金)15:00

  イ 各種調査活動

   () 基本調査                       

       a 各校教頭の回答                       

      b 人事・給与委員による集約           

   () 勤務実態調査                        

  ウ 人事・給与研修会及び要請活動準備      10月予定

  エ 各地教委への要請活動                  10月下旬から11月

  オ 要請活動の集約と年間の反省             1月22日(金)15:30

 

2 法制研究委員会

 (1) 活動方針

   教頭の職務内容に関する今日的課題と法改正について、法令研究と事例研究を進め、管理職としての資質向上に努める。

 (2) 活動内容

ア 令和2年度版「教頭職務ハンドブック」について、本年度の実情に応じて内容を検討し整理改訂する。

  イ 法令研究や事例研究を深める。

 (3) 活動日程

  ア 活動方針や内容、計画、担当の決定     4月17日(金)15:00

  イ 改訂すべき事項、追加事項についての協議  6月30日(火)14:00

  ウ 県法制研究委員会講話(希望参加)     8月 3日(月)

  エ 分担した原稿についての協議       10月 2日(金)14:00

  オ 改定案原稿についての協議        12月 1日(火)14:00

  カ 改訂箇所の確認、反省と課題        1月 7日(木)14:00

 

3 研究推進委員会

 (1) 活動方針

   ア 研究テーマ 「豊かな人間性と創造性を育み未来を拓く学校教育」

   イ 研究推進の方針

   () 磐周の研究テーマを基調とし、各地区での取組に主体をおいた研究を推進する。

   () 各地区では、それぞれの実態を踏まえ、特色を生かしたテーマを設定し、研究を推進    する。

 (2) 活動内容

   ア 各地区での研究内容についての情報交換を行い、互いに磨き合う。

   イ 研究大会の推進をするとともに、分散会で話題提供する。

   ウ 「研究のあゆみ」を刊行する。(1月の研究大会で配布)

   エ 本年度の研究成果と課題を明確にし、次年度の研究の方向を定める。

 

 (3) 活動日程

   ア 年間活動計画作成                    4月17日()15:00

  イ 県研究大会の内容と方向、各地区の取組          6月 2日()15:00

  ウ 県研究大会の内容、「研究のあゆみ」について             9月 8日()

  エ 「研究のあゆみ」の編集、校正                         11月12日()15:00

  オ 「研究のあゆみ」の編集、校正、磐周研究大会の運営方法の検討 12月 8日()14:00

  カ 磐周教頭会研究大会の事前準備                            1月28日()16:00

  キ 磐周教頭会研究大会運営                                  1月29日()

  ク 本年度の反省と次年度への方向づけ                       2月 5日()

 (4) 研究会等の予定

   ア 全国教頭会研究大会    8月 5日(水)~ 8月 7日(金)岡山県

   イ 東海北陸教頭大会    10月22日(木)~10月23日(金)岐阜市

   ウ 県教頭会  大会   11月19日(木)終日 沼津市          

   エ 今後の発表計画  

      年  度

R2

R3

R4

  R5

R6

 県大会開催担当

 県研推

 県研推

 県研推 

 県研推

県研推

 県大会発表

 

袋井・森

       

  磐田

 

 磐周研究大会(発表)

 

袋井・森

 

磐田

(分散会)

磐田

  

袋井・森

(分散会)

袋井・森

 

   オ R2の各地区の取り組み                                               

      ・磐田  …

    ・袋井・森…

 

4 会報委員会

 (1) 活動方針

会報活動を通して、会員相互の連携と啓発を図るとともに、関係諸団体の理解と協力を求める。

 (2) 活動内容

  ア 発行計画に基づき、年2回の教頭会会報「木縄金礪」を発行する。

   () 発行計画

    a  第147号(9月発行)   第148号(2月発行)

   () 編集方針

  会員は、年1回原稿を執筆する。

    b  148号には「テーマ」「サロン」を設ける。

   () 「開かれた学校づくり・特色ある学校づくりのための学校評価システムとその活用」    

に焦点を当ててアンケート調査や分析を行い、学校改善のための資料提供をする。

    a 教育課題を洗い出し、調査・収集・アンケート等を実施する。

    b 調査・アンケート等により、実践化につながる分析やまとめを行い、提案する。

  イ 令和元年度末に行った「今後の会報誌の在り方」についてのアンケート結果をもとに、令和3年度以降の発行について検討する。

(3) 活動日程

ア 第1回会報委員会       4月17日(金)15:00~

・活動方針、事業計画、活動内容確認、会報147号・148号の編集計画

イ 第2回会報委員会       5月14日(木)15:00~

・令和3年度以降の会報誌の在り方について検討    

  ウ 第3回会報委員会       8月21日(金)13:30~

 ・会報147号の編集作業    

     → 会報147号の発行     9月中旬

  エ 第4回会報委員会       1月 7日(木)13:30~

・会報148号の編集作業    

     → 会報148号の発行     2月上旬

 

5 特別委員会(情報委員会)

 (1) 活動方針

   ア Web蔵教頭会を活用し、情報の共有化と会員相互の意思疎通を図る。

  イ ホームページを活用し、教頭会からの情報発信に努める。

 (2) 活動内容

  ア Web蔵利用のための働きかけ(ファイルの送受信、掲示板の使用等)

  イ 会員相互の情報交換のためのWeb蔵掲示板の活用

  ウ 活用できるソフト・データファイルの紹介及び提供

   エ 磐周教育研究所(教頭会)のホームページの作成・更新

 (3) 活動日程

  ア 活動方針、事業計画、活動内容の検討           4月17日(金)15:00

  イ 教頭会ホームページの内容検討と作成                      6月 4日(木)15:30

   () 職務の合理化を図るためのソフトデータファイルの検討、作成

   () Web蔵利用のための研修(データの送受信、掲示板の活用)